憧れの一戸建て住宅購入後に注意すべき事

住宅に関しては、賃貸派の方も居られれば、持ち家派の方も居られます。また持ち家派の中でも、マンション派の方もいれば、一戸建て派の方もいます。

しかし諸条件が許すなら、持ち家の一戸建てに住みたいと思うのは、日本人の潜在意識の中に深く刻まれている心情の様に思われます。

そんな憧れの一戸建てを購入した場合、その後の為に忘れずに注意して置く必要な事項があります。それは、リフォームの必要性です。

家族構成や生活パターンは年齢と共に変化し、その為に理想の住宅は変化するもので、それに対応するために、リフォームを行いたいと考える時が必ず訪れると言う点です。

また屋根や外壁塗装も20年もすれば必要となります。住宅を長持ちさせるため必要なメンテナンスのリフォームも必要と言う点です。

マンションの場合には、メンテナンスのためのリフォームは、大規模修繕費として積み立てているものですが、一戸建てでは自分で手当する必要があります。

住宅ローンも、いずれ訪れるリフォーム費用の自己積み立てを勘案して、返済計画を考えて借りる事が重要と言えますね。