マイホームを建てたら修繕費の積み立てを

独身時代に自分で購入したマンションに住んでいたことがあります。その経験をもってして、一戸建て住宅を建てた今、思うことは「修繕費を積み立てておいた方がいいのではないだろうか?」ということです。

マンションは購入時にお金を払ったら、「それで支払いは終わり」というわけではありませんからね。毎月、学生パアートぐらいの金額の「修繕費の積み立て」があるのです。拒否する権利はないのです。

しかし、一戸建て新築の住宅を建てて築10年を過ぎようとしている今、「修繕費の積み立って必要だな」と思いますよ。というよりむしろ「修繕費は積み立てておかなくてはならないものだった」と思いますから。うちはまーだ大丈夫だとは思うのですが、マイホーム建設から築15年を過ぎた諸先輩方の家は続々とリフォームをしていますからね。

設備の入れ替えも必要となれば、結構な大金が出て行くわけです。若い頃は修繕費の積み立てについてブーブー文句を言っていましたが、今になってみて「いや、あれは要るお金だな」と痛感しています。

ですから一戸建て住宅にしても、修繕目的でのお金の積み立てはしておいた方がいいでしょう。心の保険もかねて。修繕目的で積み立てていたお金からリフォーム費用を出すのは割り切れると思いますし。そうでないところから出ていくお金に対しては心のダメージがあったりしますからね。